アトピーの診断基準:アトピー治療ナビ

アトピーの診断基準:アトピーは食生活などの生活習慣、ストレスなどの生活環境が原因でも起こります。アトピーのスキンケアや化粧品、アトピー治療ができる病院についての情報を掲載しています。アトピーで悩む方に少しでもお役に立てばと思います。

スポンサードリンク

トップページ > 皮膚科とアトピー >> アトピーの診断基準

アトピーの診断基準

日本皮膚科学会ではアトピー皮膚炎についての定義と診断基準を定めています。
定義の内容としては「良くなったり悪くなったりを繰り返しかゆみをともなう湿疹で、
患者の多くがアトピーの素因をもっていること」とされておりアトピーと診断される
基準としてはひとつは痒みがあること、湿疹の状態が特徴的なものであること、
もうひとつの基準としては乳幼児では2ヶ月以上続くことで、その他では
6ヶ月以上続くか繰り返し現れるようだったらアトピー性皮膚炎と診断されます。

アトピーの湿疹の特徴的な面というのは、左右対称性があることや、
湿疹が出る部位が顔や手足などであったり耳等にも出ることもあり、
またその人の年齢によって湿疹が出てくる場所も異なってくるようです。

アトピーの診断の参考になる事柄としては、家族のアレルギー歴(アトピー素因
として気管支喘息・アレルギー鼻炎・アトピー性皮膚炎など)や、花粉症などや、
血液IgE値の上昇などがあるようです。
皮膚科での治療の主なものとしてはひとつは炎症を抑える治療で正しい
ステロイドの使用、もうひとつは抗ヒスタミン剤を飲むことによる痒みへの対処、
もうひとつは自宅でのシャワーや保湿などのスキンケアです。
その他にも部屋の清掃を行うことや保温・保湿、肌への負担を減らすために
ネックレスなどは避けるなどの配慮が求められます。

スポンサードリンク

関連カテゴリー: 皮膚科とアトピー

皮膚科とアトピー関連エントリー

アトピーの診断基準 ⁄ 美容皮膚科での治療について ⁄